CASE STUDY

大塚製薬株式会社 様

大塚製薬株式会社 様

同時通訳にDigi-wave300シリーズを活用

医薬品、機能性飲料・機能性食品等の製造販売でグローバルに展開する大塚製薬株式会社。社内外会議における同時通訳にWilliams SoundのDigi-wave300シリーズをご活用されています。製品選定に携わり、実際に通訳者としてご利用されている社員様にご意見を伺いました。

 

Q. Digi-wave 300シリーズの導入以前には、どのような課題があったのでしょうか?

A. 以前使用していたアナログの機器では、音声の質に懸念がありました。また操作性についても、ツマミでON/OFFを切り替えるため、ONになっているのかOFFになっているのかが分かりにくいという課題がありました。

Q. Digi-wave 300シリーズについて、どんな点が良かったでしょうか?

A. 音声がクリアであること、ワンタッチでON/OFFできる操作性、ON/OFF表示のわかりやすさが良かったです。

そのほかにも、デジタル暗号化通信によるセキュリティの高さ、USB充電が可能で、持ち運びが容易であることなども、評価のポイントでした。

ちなみに、販売代理店のメディアプラスさんにポータブルの小型チャンネル変換機を作成いただき、2台の送信機を使って英→日、日→英の双方向同時通訳が可能になったのも助かりました。

Q. Digi-wave 300シリーズをお使いいただき、お仕事に於いてどのような効果がありましたか?

A. 音声がクリアなため、通訳音声を聞いている人の負荷が低減されたようです。また、ワンタッチでON/OFF操作できるので、通訳者による操作がかなり楽になりました。コンパクトで軽量のため、出張時も便利です。

Q. そのほかにもご要望をお聞かせください。

A. 1台の送信機で英→日と日→英の双方向同時通訳に対応できなかったのが難点でしたが、ソフトウェアが更新されたことでこの課題も解決され、うれしく思っています。

他にも要望はいくつかありますが、今後の機能アップデートで改善されると、さらに嬉しいです。

大塚製薬株式会社


RELATED PRODUCT